天親会サイト、ブログをご覧の皆さんコンバンは!
個人のブログはろくに更新していないくせに、天親会ブログは絶好調な管理人です。
今日も面白おかしく一生懸命書いていきますよ!
(検索エンジンに拾われやすくなるためにも、記事数は大事だ。というダークな管理人も見せつつ)
祭りシーズンになると自分は神輿グッズへの物欲がモリモリ出てきます。
というか、ある種の必然性に駆られます(何故かは不明)
そこで!
管理人のまだ持っていないけど欲しい神輿アイテムのコーナー!
(手に入れたい順です)

・巾着
・半纏の帯
・自前の木札
・地下足袋
・ダボ(紺)

・巾着
巾着には小銭、携帯等小物を入れるのですが、僕はいまだにユニクロのちっさいバックみたいなものを
半纏の中に肩かけしています。
じつはこれ大分コンプレックスだったりします。
だって手持ちの適当な入れ物ですよ?和じゃないんですよ?
格好大事。
巾着も値段がピンキリですね。
丈夫で渋いのがほしい・・・。
・半纏の帯
半纏の帯は自前で用意すべきか否か?
当然用意できるならしたいところですね。
会で帯を貸し出しているようなことを聞いたことあるようなないようなニントモカントモ記憶が曖昧。
やはり写真撮影している側からみると、帯しめているほうがビシっと粋なので
自分もビシっと決めたいところです。
・自前の木札
木札は入会当初手作りの木札をいただいています。
実は1回失くしてしまったので現在2個目です(汗
他の会員を見てみると自分の名前が入った木札を持っていて、家族全員で
名前入りの木札を首にかけているのを見て非常にうらやましかったり。
そんなわけで今年は業者に木札を注文しました。
息子とお揃いで注文したので宝物にしたいっす。
鎌倉遠征までには到着していると良いなぁ。
木札については後日の記事で詳しく紹介しますね。
・地下足袋
普段雪駄で担いでいるのですが、冬や雨の日に担ぐと寒い。
冬場の冷えたアンヨは防御力が低いです。
冬場に冷えたアンヨの小指をタンス角にHITさせたことありませんか?
あのダメージは尋常じゃないですよね。
そんなダメージが神輿でもあり得ます。
雪駄踏まれて脱げるのも普通です。
神輿で受ける足へのダメージから貴方を守るそんなアイテム。
それが地下足袋です。
ってんで近所のワークマンで購入予定です。
でも、夏は雪駄でいいや!ってなって毎年買い損ねるんですよね。
そして、地下足袋もエアークッション入りとかで割と良いお値段しちゃう。
そうなると財布のひもはそんな簡単に緩まないんだぜ?
・ダボ(紺)
ダボシャツは白が良いと、会から聞いたことがあります。
「神輿を担ぐ場合は無字の白ダボが一番無難であり且つ、他団体で担ぐ場合は白ダボがマナーである。」
まさに神輿ドレスコード。
納得です。
自神輿の時などは同年代の会員が紺ダボで担いでます。
自分の所属会が主催ってのと、周りから信頼されている人だらかな。
たぶんこの考えは間違ってはいないと思う。
うん。
(でも憶測で言ってます。スミマセン)
紺ダボは正直、カッコよさ3倍アップです。
永遠のカッコ付けな僕も紺ダボほしいんす。
上下で1万円くらいするので財布には厳しいですが、カッコよさ3倍アップなら、、、安いと思うw
(価値観に偏りあり)
去年買った子供のダボもピッチピチになってしまったので
今年はもっと大きい子ども用ダボを買う予定です。
うーん、相変わらず文章が長いうえに端的でないなぁ。
とわかっていてもツラツラ書いちゃう自分。
ス〇〇斎藤の物欲番長ブログみたいになってしまいました。
祭りは格好を整えて粋に担ぐ。
これにつきると思うんですよ。
あぁ神輿かつぎてぇっすなぁ。


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 昭島情報へ
ランキング参加してます♪