八清天親会サイト、ブログをご覧の皆様
(゚Д゚)ノ 乙デス! 管理人です。
今日のネタは神輿(お祭り)に必須アイテムの一つでもある「木札」について。
以前の記事(物欲は無限大!)でも挙げた木札ですが、
神輿渡御時に、神社でお守りとして頒布していることが多いみたいですね。
木札を首から下げて担ぐのはいろいろと意味があります。
木札が割れたときは身代わりになってくれたと言うこと。
また、所属している会の名刺みたいな意味もあるので重要なアイテムです。
天親会の木札は木こり(本人いわく)のTさんが一生懸命作って下さっています。
初めて貰った神輿アイテムで、ものすごく嬉しかったです。
入会時に貰えるもので、天親会の会員であることを示しています。
それが↓です
天親会木札1


撮影機材
カメラ:PENTAX K20D
レンズ:SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
うぅ~んレンズの絞り解放にしたので周辺ボケが強いなぁ・・・
右下が影った(T_T

「天親会」の文字を焼き鏝でジュッ!っとしたものです。
木材質はなんだろう?
ちなみに、、、、、
僕は最初に貰ったものを無くしてしまった不届き者です(汗
写真のは2個目です。
ごめんなさい。
Tさんは、
「天親会の木札を見れば何時の木材で作ったか分かるんだよ。」
とのことで個々の木札は個性があるってことがわかります。
素人の目には同じに見えるものでも、木を扱うプロフェッショナルにはちゃんと分かるんですね。
スゴイっす。
次回の記事は管理人所持の木札について紹介します!


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 昭島情報へ
ランキング参加してます♪