八清天親会サイト、ブログをご覧の皆様
(゚Д゚)ノ いつもありがとうございます! 管理人です。
さて、木札ネタその2です。
今回は長文ですよ、、、、と。前フリ。
※この記事は予約投稿です
神輿を担ぐようになって、周りを見ると会の木札以外に
オリジナリティ溢れる木札を着けている方を目にしますね。
天親会会長の木札はそれこそ一枚しかない木札です。
表に「天親会」と浮き彫りが入っていて、裏に「会長」と入っています。
かっけぇ!
他にも神輿好きな方は家族そろって木札を作ってたりします。
表には基本的に所属会の名前。
裏面には氏名の「名」が入っているのがスタンダードな感じですね。
正直羨ましかったので、今年は私も業者に頼んで木札を作ってもらいました。
木札作成の業者はネットで探せばゴロゴロとヒットします。
値段も、大きさも、デザインも、彫り方も、材質もピンキリ。
自分で調べていて気がついたのが、レーザーで彫る業者が多いこと。
しかし、自分としては「手彫り」に拘りたいと思って日々ネットで検索。
そこで出会ったのが「彫り屋」さんです。
http://www.kifudaya.com/
「彫り屋」さんは手彫りで全ての木札を作成しています。
見積も無料でして下さるので、今回家紋を入れたいことを相談したところ、非常に迅速で丁寧なレスポンスを頂けました。
とっても感謝!
彫り屋さんのブログにもあるのですが
(トラックバック受付ていないのが残念)手彫りはレーザー彫りには
細かさ、綺麗さは敵わないそうです。
だけど、職人さんが一生懸命「手で彫ってくれた」というのが
僕にとっては何よりも嬉しいアドバンテージです。
※詳しくは彫り屋さんブログで

では、管理人が最初にお願いした木札を紹介します。
木札(けやき)1


木札(けやき)2


両面素彫り木札[地紋短冊入り] 20×50×5ミリ



表:天親会(短冊に名)
裏:苗字
材質:ケヤキ
5月24日のあきしま郷土芸能まつりで着用していたものです。
ちょっと小さめなのですが、子供にはちょうど良い大きさ。
息子と自分の分のみ注文したのですが、届いた品を見て娘が欲しがって欲しがって泣いてわめいたので、
後日家族4人分を注文した自分がいましたとさ・・・・。
写真のピントがズレズレなので、後日撮り直したものをUPしときます・・・
この木札が届いたとき、驚きました。
短冊に入った名前の漢字が完璧に彫られていること。
手彫りでこのクオリティに正直ビックリ。
と同時に一生懸命彫って貰えたことと、仕事に対する真面目さに感動しました。
裏面の写真は本当は掲載したいのですが載せてません。
だって、苗字がw
続いて、その後日に見積もり頂いて注文した木札を紹介します。
木札(イスノキ)1


全体
木札(イスノキ)2



木札(イスノキ)3



両面素彫り木札 30×60×5ミリ

表:天親会(枠:四角)
裏:家紋+名
材質:イスノキ
家紋がイイ!すごくイイ!
素彫りが個人的に好きなのですが、これに漆を盛ったものは
さぞかし立派な自慢の木札になるでしょう。
どーしても家紋が入れたくて、相談したところ
お店では保有していない家紋デザインだけど彫って下さるとの回答をもらいました。
即効で発注。
えー、、家族分全員「天親会」になってますが
子供は大きくなったら一緒に神輿担ぎます。(担がせます)
嫁さんは下の子がある程度大きくなったら家族会員として入ってもらうってことで・・・。
ここで、材質に注目。
「イスノキ」ってなんでしょう?
なんでも国内産の材では最も固い材質だそうです。
固い=丈夫、彫りもしっかり乗る材質で、彫り屋さんが一生懸命探してきたものだそうです。
※詳しくは彫り屋さんブログで


素晴らしい出来に家族も喜んでいるので(今度の祭りが楽しみ)
大切に大切にしていきたいと思います。
撮影機材
カメラ:PENTAX K20D
レンズ:SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 昭島情報へ
ランキング参加してます♪