八清天親会サイト、ブログをご覧の皆様
(゚Д゚)ノ いつもありがとうございます!!

関東もとうとう梅雨入りをしましたね。
夏至も過ぎてますます毎日蒸し暑い日が続きますが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏の祭典まで早くも1カ月とちょっととなりました。
天親会では今年度の総会で議題に挙がった、
【天親会の名入れしたダボシャツを作らないかい?】
の件について、ある程度記事にできる段階にきました。



今回の記事は長文です。先に申し上げます。
今回ダボを作るまでに至った経緯を記載しています。
最後まで読んでいただけると有難いですm(_ _)m

現在はデザインも決定し、発注業者と見積もりも決定しており、
あとは今月末の正式発注に向けて現在会員へ購入の案内を流しているところです。

一般的な神輿担ぎの正装は、ダボシャツまたは鯉口シャツに股引。
会の半纏着用。履物は雪駄や地下足袋。
といった格好でないと神輿を担ぐことはできません。
しかし、真夏の神輿はウルトラハードです。
水分補給をこまめにしないとタマランのです。
なので、世の中には夏の神輿で半纏を背負わない人も居ます。

天親会としては自分のところの神輿、および他団体の神輿を担ぐ時は
半纏着用が義務つけられています。

半纏は会の看板とも言えるものなので、どこの会に所属しているのか
ほかの団体から判別してもらうためにも必須なんですね。
協調性ってとても大切ですね。

僕個人としては、会の半纏を背負って帯をキリっと締めるのが
好きなのと、格好がつくと思っている一人です。
ですが、暑いもんは暑い。

汗っかきな自分は夏場に少し担ぐだけで半纏の色が変わります。
じゃあ会のダボシャツ着用時は半纏は着用しなくても良しとしませんか?
ってことなんですねー。ウルトラナイスですねー。

満場一致で「ダボシャツ作ろうぜ!」となり、今日に至ります。
今回発注するダボシャツに入れるデザインは以下で決定しました!

10sin_dabo_comp.jpg

どうでしょう?
素晴らしいデザインセンス!
ここまで格好良いオリジナルダボシャツ来てる神輿会ってなかなかそうは居ませんよ?


梅の花に、天満宮の菅原道真の象徴である梅の家紋。
そして天親会の短冊が中央に。


今回ダボを作成するにあたり、副会長のNさんから直々に
「管理人君、ダボに入れるデザインよろしくお願いします」
と有難いご指名をいただきました。

が!今回のデザインは僕、、、作ってません(汗

今回のデザインが出来上がるまでには壮大なドラマがありました。

職場の仲間(プロのデザイナーさん達)に業務外で、かつ無報酬でありながらも多大なるご協力を頂き、デザインデータが出来上がっています。




今回の記事でデザインが出来上がるまでの詳細を記載すると
ものすごい長文になるので、次回の記事(その2)で
エピソード紹介をして行きますね。



発注と納品の兼ね合いもあり、6月末には発注しないと
本番の祭りに間に合いません。

注文の締め切りは6月25日(金)までに注文書と現金を班長まで提出となっています。
期限厳守です!

会員の皆様、よろしくお願いいたします。
本番が楽しみになってまいりました。

これを着て神輿を担ぐ。夢が広がりますねー!!!


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 昭島情報へ
ランキング参加してます♪